【お風呂場に物は置かない】ボディソープ・シャンプー・コンディショナーは宙に浮かせ!

自宅のお風呂場の環境をプチアップデートしてみた。

細かい部分でも自宅の環境をアップデートできるのは、正直気分が良い。

 

今回プチアップデートしたのは、ボディソープ、シャンプー、コンディショナーの入れ物。

山崎実業のマグネットディスペンサーをディスペンサーを購入したので、なぜ買おうと思ったのか?実際に利用してどうだったのか?という点を書き連ねてみたいと思う。

なぜマグネットディスペンサーを導入した?

 

お風呂場を掃除しやすい環境に

一番の理由は、お風呂場を掃除しやすい環境にしたかった。

そして、お風呂場を掃除しやすいということは、「置く」物が少ないということにもつながる。

故に「置く」物を減らしたかったということ。

実際には、お風呂場を掃除するのは妻なのだけど、妻の家事が少しでも楽になればと思って検討した次第

 

そんな中で色んなサイトをを物色していた結果、行き着いた製品がこちら

デザインも良いし、生活感が出なさそうで魅力的に感じたので、即ポチ。

 

では、実際にマグネットディスペンサーを導入・利用してどうだった?という点を次から記載していく。

 

マグネットディスペンサーの良い点

マグネット吸着でボディソープ、シャンプー、コンディショナーの置き場所を作る必要がない

元々の目的である、「お風呂場を掃除しやすい環境に」にぴったりな製品だった。

壁にマグネット吸着してくれるので、無駄に置き場所を作る必要も無いので、掃除の手間を減らすのに一役買ってくれる。

 

注意して欲しいことが1点ある。

吸着する時に壁が濡れていると、使っているときに少しずつ下にずれ落ちる。

なので、壁が乾いているときに設置することを強く推奨する。

 

デザインがお風呂場にマッチして生活感を感じない

白をを基調としたタイプで、清潔感があり白の壁に非常にマッチして良い。

また、シンプルなデザインで、生活感を感じさせない点もグッド。

 

マグネットディスペンサーの気になった点

ワンプッシュで出てくる量が少ない。

一番気になったのはワンプッシュで出てくる量が少ないということ。

今まで1、2回のプッシュで出てきた量が、4〜5プッシュで出てくるので、ちょっと手間。

今のところは気になってはいないけど、今後使っていくうちに手間になってしまったら、売り払ってTwitterで報告すると思う。

 

(私の環境では)ツーウェイはできない

ツーウェイを謳っている一角である「詰め替えの袋のまま入れる」というのができない。

当然ながら、ボディソープ、シャンプー、コンディショナーの詰め替え用は製品によって大きさも違う。

なので、もし「詰め替え袋のまま入れる」という運用を第一に考えるのであれば、それに対応した製品を選んだ方が良い。

 

私個人としては、入れ物に合わせるために、わざわざ使う製品を変える必要は無いとは思っている。

参考までに、私はハダカラのボディソープを使っている。

 

マグネットディスペンサーの人によって意見が分かれそうな部分

入れ物だけで1個1,500円以上

価格帯として、1個1,500円以上の製品となる。

入れ物だけで1,500円という価格帯が受け入れられるかどうかは、人によって感覚が異なる。

 

私の場合、お風呂場を掃除しやすくすること、デザインもお風呂場にマッチしているという2点に対してこの価格は許容範囲内。

長く使えるだろうし。

 

もし気になった点が看過できなくなれば、メルカリ等のフリマサイトで売るだけなので、特に問題は無いかと思う。

無駄に悩むよりも、さっさと買って体験した方が良い。

 

お風呂場の壁がマグネットで吸着できる必要がある。

最近のお風呂場は大体マグネットで吸着できると思うが、タイル張りのお風呂場では利用できないので注意が必要。

 

まとめ

今のところ、私個人としてはマグネットディスペンサーを快適に利用できている。

今回紹介した製品のカラーはホワイトだが、ブラックも用意されているので、お風呂場のデザインに合わせて色を変えるのも良い。

もし気になったらぜひ試してみてほしい。

山崎実業 マグネットツーウェイディスペンサー 3本セット シャンプー コンディショナー 泡タイプ

 

どこかで見たような気もしてたんだけど、monographの堀口さんが紹介していたのを後から思い出した。

実物を紹介しているので、気になったらぜひ見てほしい。

 

 

 

 

 

 

 

気に入ったらフォローしてください

ピックアップ記事
おすすめの記事