ピックアップ記事
【Google Pixel 5 / 4a (5G) / 4a】必要十分な機能で安価!どんな人が買い?どのモデルが最適?

10/1(木)に、GoogleからPixelの新シリーズ「Pixel 5」「Pixel 4a (5G)」が発表されました。

特にPixel 5 は、ハイスペックモデルを期待していた層からは期待外れという声もあり、賛否両論な反応になっていまね。

 

私の場合、最近のスマホに対する考えは、

  • あまりお金をかけたくない
  • 無駄にハイスペックにする必要はない
  • 普通に使えれば問題なし

という割り切ったものがあるので、今回のGoogle Pixel 5 / 4a (5G) の内容は大歓迎です。

 

そんな波紋を呼んでいるGoogle Pixel 5 /4a (5G)、8月にリリースされた4aについて、

  • Pixel 5 / 4a (5G) / 4a 買いな人
  • Pixel 5 / 4a (5G) / 4a の選定基準
  • 私の場合は買う?買わない?

という3点にフォーカスして私の考えを書いていきます。

 

この記事のポイント

先に結論から書くと、

Pixel 5 / 4a (5G) / 4a 買いな人

  • 安価なスマホが欲しい人
  • 「ハイスペック」「何もかも最新」を求めない人
  • 3Dゲームをしない人
  • オンラインストレージの利用に抵抗がない人

     

    Pixel 5 / 4a (5G) / 4a の選定基準
    • 防水・ワイヤレス充電の必要有無
    • 超広角カメラの必要有無
    • 5G対応はオマケ程度

     

    私の場合は買う?買わない?
    Pixel 4a (5G)、Pixel 4a の2台を購入します。

     

    という感じです。

     

    それでは深掘りしてみましょう。

     

    Pixel 5 / 4a (5G) / 4a 買いな人・買う必要がない人

    先に書いておくと、Pixel 5 / 4a (5G) / 4a はハイスペックスマホではありません。

     

    なので、Pixel 5 / 4a (5G) / 4a に向いているのは、

    Pixel 5 / 4a (5G) / 4a 買いな人

    • 安価なスマホが欲しい人
    • 「ハイスペック」「何もかも最新」を求めない人
    • 3Dゲームをしない人
    • オンラインストレージの利用に抵抗がない人

    というように、スマホに対してある種割り切った考えを持っている人です。

     

    逆に、

    Pixel 5 / 4a (5G) / 4a 向いていない人

    • 「ハイスペック」「全て最新」が絶対の人
    • 3Dゲームをバリバリプレイする人
    • オンラインストレージに抵抗がある人

    と、何もかも最上位を求める人は、間違いなく「物足りない」と感じるはずです。

    むしろそんな方は、iPhone11 (近く発表予定の12も)や、Galaxy、XPERIAなどのハイスペックスマホを検討した方が良いです。

     

    冒頭で書いた通り私の場合は、最近はスマホに対して割り切った考えを持っています。

    なので、今回のPixelを使うには、私はもってこいの人間というわけですねw

     

    では、そんな私がPixel 5 / 4a (5G) / 4a に惹かれた点、惜しい点をまとめてみます。
    (あって当たり前、な点は割愛しています)

    Pixel 5 / 4a (5G) / 4a で惹かれた点

    私が Pixel 5 / 4a (5G) / 4a に惹かれた点は、

    • 安価で必要十分な機能・スペック
    • SIMフリーでFelica 対応
    • Android11への最速対応
    • Dual SIMモデル (eSIM+物理SIM)

    この4つです。

     

    安価で必要十分な機能・スペック

    10万円超えのハイスペックスマホが珍しくない中、高くて約¥75,000と非常に魅力的な価格設定です。

     

    価格は各モデル以下の通りです。
    ※2020/10/12 Softbank、auの価格を追加

    モデル 価格 (税込)
    (Google公式)
    価格 (税込)
    (Softbank)
    価格 (税込)
    (au)
    Pixel 5 ¥74,800 ¥87,840 ¥79,935
    Pixel 4a (5G) ¥60,500 ¥65,520 -
    Pixel 4a ¥42,900 ¥49,680 -

      Androidの開発元だけあって、無駄に尖った機能を搭載せず、必要十分な機能を適切に搭載しているのは、Googleの情報収集能力の高さが伺えますね。

       

      SIMフリーでFelica 対応

      MVNO(格安SIM) + 電子マネー 多用のあなたに最適です。

       

      先述の価格帯で、モバイルSuica、Edy、iD を利用できる点は、他のスマホと比較しても大きな優位点です。

       

      Android11への最速対応

      純正Androidをいち早く体験したい方にはうってつけです。

      Google純正スマホというだけあって、

      • Pixel 5/4a(5G):出荷時からAndroid 11がインストール
      • Pixel 4a:Android 11配信開始済み

      という対応状況です。

       

      Dual SIMモデル (eSIM+物理SIM)

      Dual SIM モデルということで、プライベート・仕事の兼用など様々な使い方が考えられますね。

       

      Pixel 5 / 4a (5G) / 4a の惜しいところ

      逆に、惜しい点も書いてみます。

      Pixelシリーズ全般に言えることですが、

      • microSDカードスロットが無い

      この1点に尽きます。

       

      Googleとしては、Googleドライブなど、自社のオンラインサービスを利用してほしいという意図が透けて見えますね。

       

      とは言いつつも、Googleドライブは複数のスマホやPCなどでファイルを同期でき、利便性が高いのでこの機能でデメリットとまでは言えないと思います。

       

      Pixel 5 / 4a (5G) / 4a の選定基準

      良い点悪い点が見えてきたところで、ここまで読んでくださったあなたはPixel 5 / 4a (5G) / 4a が欲しくなってきたのではないでしょうか?

       

      ですが、

      「じゃあどの機種が良い?」

      という疑問が出てくるかと思います。

       

      細かい違いはありますが、大きな違いは

      モデル 防水・ワイヤレス充電 超広角カメラ 5G対応 価格 (税込)
      (Google)
      Pixel 5 ¥74,800
      Pixel 4a (5G) - ¥60,500
      Pixel 4a - - - ¥42,900

       

      この4点に尽きます。

      これらの価格差と機能の必要有無から、あなたに最適なPixelシリーズを選んでみましょう。

      (5Gが普及していない現状では、5Gは選定基準にはならないとは思いますが...

       

      Pixel 5 / 4a (5G) / 4a の選定基準
      • 防水・ワイヤレス充電の必要有無
      • 超広角カメラの必要有無
      • 5G対応はオマケ程度

      私の場合は買う?買わない?

      私の場合、Pixelの各機能差分に対して、

      私にとっての必要機能
      • 防水:不要
      • ワイヤレス充電:不要
      • 超広角カメラ:迷いどころ

      という考えです。

       

      そんなわけで、

      • Pixel 4a (5G):買い確定
      • Pixel 4a:妻用に購入確定 (購入タイミングは検討)

      とします。(迷ったら買え、の精神ですw

      まとめ

      そんなわけで、Pixel 5 / 4a (5G) / 4a についてまとめです。

      Pixel 5 / 4a (5G) / 4a は

      まとめ

      • 安価で、必要十分な機能があれば良い人に最適
      • ハイスペック・最新を求める人には不向き
      • 私は、Pixel4a (5G)、Pixel 4a を購入します

      という製品でした。

      実際に購入したら、使用感含めてレビューしていきたいと思います。

       

      他にもPixelシリーズで「これが良いよ」「これはダメ」「ここが惜しい」といった思いがあれば、ぜひコメント欄に残していってくださいね。

      気に入ったらフォローしてください

      おすすめの記事