【半年利用】Jabra Elite Active 75t レビュー・交換まで

昨年11月に購入したJabra Elite Active 75t、毎日重宝しているので、レビューしていきたいと思う。

そもそも2020年初頭にリリースされた製品なので、需要もそんなにないとは思うが、自分の活動ログ的な意味も含め今回書き連ねていきたい。

 

そもそもJabraって何ぞ?

Jabraは、デンマークのGNグループの一角。

GNグループは、

  • 1943年創業のデンマークの補聴器メーカー「Danavox」
  • デンマークの聴覚測定器メーカー「Madsen Electoronics」
  • 1984年創業のアメリカの補聴器メーカー「ReSound Corporation」
  • アメリカの補聴器メーカー「Beltone Electronics」
  • ドイツの補聴器メーカー「Intertone」
  • アメリカのハンズフリー行きメーカー「JABRA Corporation」

と、聴覚関係の各種メーカーを買収・合併してきた実績がある。

 

そんな歴史のあるGNグループがヘッドセットなどの音響機器ブランドとして展開しているのが「Jabra」。

補聴器メーカーとしてのノウハウを持っており、そういった面からのアプローチができるのは大きな強みだと思う。

 

Elite Active 75tを半年使った感想

バッテリー持ちは特に問題ない

カタログスペック上は、イヤーパッド単体が5.5時間(ANC利用時)だが、感覚的には4時間くらい。

仕事で利用するのであれば、常にイヤーパッドを装着する前提でも、昼休み中に充電してしまえば、午前・午後ともにぶっ通しで利用できるレベルではある。

 

音は低音強め

スマホアプリでイコライザ設定はできるが、デフォルトのフラット状態でも低音が強め。

音楽鑑賞で、低音が好きな方は満足できると思う。

 

マルチポイント、強い

マルチポイントは、最大2台を同時ペアリングする。

切り替えを意識することなくどちらでも利用できるという点は非常に便利。

 

私の場合、会社の業務用PC、私用スマホとペアリングしている。

基本的に

  • 会社の業務PC:zoomやTeamsのテレビ会議
  • 私用スマホ:プライベート通話・一部仕事用の通話、Youtube動画視聴

で利用している。

利用タイミングが被ることはあまり無いが、同時にペアリングしているが故に、起動中は業務PC・私用スマホどちらでも応答できるのは強い。

 

なお、過去にレビューした 「Plantronics Voyager 5200」もマルチポイントに対応しているので、片耳でしか利用しないという場合はこちらを検討するのもアリだとは思う。

見た目もザ・会議用の片耳ヘッドセットでマイク部が長く出ており、通話・会議利用がメイン用途の貴方であれば全然購入候補には入ってくるだろう。

当然ながら、利用目的によって選ぶ製品も変わってくるので、そこは自己責任で。

created by Rinker
プラントロニクス(Plantronics)
¥12,900 (2021/10/16 22:33:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

あと、Apple製品であればAirPodsは自動的にペアリング先デバイス(Apple製品限定)を切り替えてくれて、擬似的にマルチポイント的な動きをとてくれる。

周りをApple製品で固めている貴方の場合は、AirPodsProで全然良いと思う。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥29,036 (2021/10/17 00:35:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

アクティブノイズキャンセリング、環境音に対しては効果はばつぐん

Jabra Elite Active 75t の場合、2020年10月のファームウェアアップデートでアクティブノイズキャンセリングに対応したという経緯はあるが、環境音に対しては全然問題なし。

多少の雑音は上手いことカットして、無音空間を作り出してくれる。

 

ただし人の声については、ある程度はカットできるものの多少は入ってくる。

とはいえ、気にするレベルの音量ではない。

 

片耳モード

片耳モードは、右のイヤーパッドでしか利用できないので注意。

私が使う分には全然支障はない。

左の片耳モードに対応している製品ってあるのかなあ...

故障?から交換まで

右のイヤーパッドだけ勝手に音量が小さくなった

購入から5ヶ月経過後の4月末ごろから、右のイヤーパッドの音量が勝手に小さくなる事象が発生。

事象発生当初は、少し違和感を覚える程度の変化だったけど、日を追うごとに音量が小さくなり、日々の利用に大きく支障が出てきた。

2月からは右の片耳モードでの利用時間が大きかったので、その影響で右だけ事象が出たのかな、と推測。

 

メーカーへの相談

上記についてツイートしたところ、メーカーからリプライ、お言葉に甘えて助けてもらうことに。

ただ、「英語無理よ?」と英語で返してみたところ、以下メーカーサポートページを案内された。

https://www.jabra.jp/support

 

とりあえず、メールという名の問い合わせフォームで問い合わせを実施。

サポート体制がどの程度のものなのか知らないが、問い合わせから3日程度経過しても反応なかったのでさらに追い討ち。

2回目の問い合わせに対しては2日くらいで反応あり。

そもそもこちらが入力した問い合わせフォームの内容、こちらには送ってこないので問い合わせがちゃんとできているか不安。

Jabraさん、この辺改善頂いた方が良いかもしれないです。。。

 

メーカーのサポートから交換まで

とりあえず、

  • 言語変更
  • リセット

の2つを試して改善しなければ交換対応頂けるとのことで、2件とも実施・改善せず。

 

メーカーへ連絡すると、幸い購入後1年未満で保証期間のため交換対応で決定。

  1. 購入日記載あるレシート・納品書・領収書等
  2. 本体・付属品一式
  3. 交換品送付先メモ(①住所②氏名③連絡先④受付番号:上記のRMA No⑤症状 )

これらの内容物を同梱して、メーカーへ発送。

 

運送会社の不備でメーカー到着まで5日要してしまったが、その後宣言通り3日以内で交換品を受領。

 

メーカーのサポートに対する感想

メーカーサポートの対応については、

  • 初動は少し不安だった
  • その後のメーカーサポート担当者様の対応は交換完了までスムーズ

という感じ。

担当者様、色々とサポートありがとうございました。

 

まとめ

Jabra Elite Active 75t について、半年利用してきた感想や故障?時交換時の流れについて書き連ねてみた。

個人的にはマルチポイントは特に魅力的で、複数端末(スマホ2台持ちや、スマホとPC利用など)でBluetoothヘッドセットを同時利用する環境の方には是非お勧めしたい。

交換時のメーカー対応は、初動の反応が遅かった面はあるものの、メールでのやりとりに切り替わってからは担当者様の対応はスムーズにできていたと思う。

 

2021/07/04現在で、以下を満たして価格¥17,000弱という点ははなかなか魅力的だと思う。

  • 完全ワイヤレスBluetoothヘッドセット
  • マルチポイント接続可能
  • アクティブノイズキャンセリング

このあたりを魅力に感じる貴方は是非買いだと思うので、迷わず購入して貰えれば幸せになる。

ぜひ参考にしていただければ。

 

気に入ったらフォローしてください

ピックアップ記事
おすすめの記事