くやラボ

30代鹿児島在住の一児の父が贈る、日々気になったこと、興味のあることを呟くブログです。

【Xperia arc SO-01C】初めて買ったスマホ

 

初めて使ったスマホの衝撃

2011年3月、初めてスマホを買いました。

それが、Xperia arc SO-01C です。

当時、iPhone 4 が既に販売されていたので、ちょうどスマホに火がつく(ブーム的な意味で) 時期でした。

iPhoneも触ったことない中購入した私でしたが、当時はタッチパネルで画面をスクロールできる、ということにすら感動を覚えていました。

また、ガラケーから初めてスマホに乗り換えたということもあり、何もかもが新鮮でした。

ガラケーからスマホに乗り換えた理由

まあ実際にはガラケーとスマホの2台持ちになったわけですが…

理由はいたってシンプルです。

  • 新しいものを触りたかったからw

iPhone 4 が流行りはじめたことにより、私もスマホを使ってみたいと思ったのが発端です。

iPhone にすれば良かったじゃん、というツッコミも当然あるかと思いますが、

  • docomoがiPhoneを販売していなかった
    (iPhoneがdocomoに参入したのは5sから)
  • 後から会社からiPhoneを支給されるのが分かっていたから
    (関東組の会社同期は支給済みだった)

という理由からiPhoneは選択しませんでした。

Xperia arc を買って良かったこと

そんなわけでXperia arcを買ったわけですが、感動したことをざっと書いてみます。

フルブラウザ

スマホはガラケーと違ってフルブラウザでWebサイトを見ることが出来たので、「外でインターネットができる」という新鮮な感覚を覚えました。

ガラケーも(docomoでは)iアプリでフルブラウザアプリが提供されてはいましたが、スマホのタッチパネルの操作性といった面まで考慮すると、非常に使いやすくなった、と思ったことを覚えています。

フリック入力

地味にびっくりしたのがコレ。

ガラケーの物理テンキーからソフトウェアキーボードになったので、超新鮮でした。

そして、フリック入力することで あ→い→う→え→お→(ry と何度も同じボタンを押す必要が無くなったのは感動的でした。

アプリがたくさん!

google play (当時の名前を忘れてしまいましたが) から様々なアプリを落として使えるという点も、新鮮な感覚でした。

Wi-Fiが使える

ガラケーはWi-Fiを使えなかったで自宅からWi-Fi経由でインターネットに出て行けることも新鮮な感覚でした。

 

…と、書いていたらキリがなくなりますね。

やはり、目に見える技術の進歩はすごいものです。

Xperia arc を買って残念に思ったところ

言い換えれば、スマホはまだ進化途中だなと思ったところですね。

こちらも簡単にまとめます。

内部ストレージが1Gしかなかった

Androidアプリは、今でこそSDカードに保存できますが、当時は内部ストレージにしか保存できませんでした。

そんな中、内部ストレージが1Gのみ、というのはなかなか酷なものでした。

確か、半分くらいは(消せない)プリインストールアプリで埋まっていたので、インストールしておきべきアプリは精査する必要がありました。

(実際には、入れては試し、不要であれば消して次のアプリ、という感じで取っ替え引っ替えしてました)

Felicaに対応していなかった

ガラケーを手放さなかった理由でもあります。

私は学生時代から、iDを利用しまくっていたので、これが無いのはかなりの痛手でした。

とは言え、スマホが欲しかったという欲望には叶わなかったので、ガラケーとスマホの2台持ちで運用していたわけです。

(すぐ後にFelica対応の Xperia acro SO-02C が出て、何でやん、とツッコんだのは良い思い出…

フリック入力

斬新だと思ってはいたのですが、誤タッチ頻発でなかなか思うようにフリック入力を使いこなせませんでした。

 

まとめ

という感じで当時の感想をまとめてみました。

  • 2011年初頭のAndroidスマートフォンは発展途上。
    つまりは将来性があった。

これに尽きると思います。

(正直、他国のAndroidスマートフォンと比較して出遅れてた感は否めませんでしたが)

使いづらい部分も、発展途上だから、とプラスに考えて使ってきました。

 

そして、1年後、Android 4.0 を搭載した Xperia GX SO-04D へ…