くやラボ

30代鹿児島在住の一児の父が贈る、日々気になったこと、興味のあることを呟くブログです。

ファーストシューズは子どもの足の健康を考慮しよう!

f:id:kuya-a:20190926231509j:plain

長男坊が1歳3ヶ月になり、ガッツリ歩き回るようになりました。
そんな我が子のために、ファーストシューズ「IFME Light」を買ったので、ファーストシューズ選定のポイントとIFME Lightのレビューをしてみます。

ファーストシューズ選びのポイント
 ✔︎ 大人の靴を小さくしただけのような靴は選ばない
 ✔︎ 子どもの健康を意識して開発された靴を選びましょう!
 ✔︎ 子どもの健康を最優先、次点で親の履かせ安さ、脱がせやすさも考慮を!

「大人のブランド靴とお揃い」なんてことは考えてはいけない

多くのメーカーが子供用の靴として、大人の靴を小さくしたような靴を販売しています。

全てのメーカーがそうとは言いませんが、そのような靴は子どもの足の健康・成長は考慮していないものが多いです。

そういった背景もあり、単純に大人の靴を小さくしただけの子どもの靴は、私は買わないようにします。

子どもの健康を意識して開発されたブランド「IFME」

IFMEは、早稲田大学スポーツ科学学術院との産学共同開発で、「子どもの健康にくつの果たす役割」をテーマに誕生したブランドです。

実際に使って思った、IFME Lightの良いところ

メーカーWebページに、IFME Lightの良いところが書かれていますが、実際に使ってみて良いと思っている点をまとめてみます。

軽い!

初めて靴を履く赤ちゃんのためには、軽いものが良いです。
実際の重さは計りませんでしたが、他に見てみた靴と比べて断然軽かったです。

メーカーとしても「軽量ソール」を謳っていますね。

靴の口が大きく履かせやすい

f:id:kuya-a:20190926231547j:plain

写真のように靴の口が大きく開くので、とても履かせやすいです。

中敷きでサイズアウトを判断しやすい

IFMEの機能性中敷き「ウインドラスソーサー」は、親指の付け根、5本指の当たる所にくぼみを付けることで、正しい姿勢のしっかりした歩行と土踏まずのアーチ形成を促進します。

...と、メーカーWebサイトの記載を抜粋してみましたが、この仕組みはもう1点メリットがあります。
ウインドラスソーサーの5本指のくぼみから外れた場所がへこむようになったら、サイズアウトのサインです。
意外な利点ですね。

実際に使って思った、IFME Lightの惜しいところ

全体的に満足ですが、1点だけ惜しいところがありました。

ベルトのマジックテープが外れやすい

1歳児の力で外れてしまうレベルで、ベルトのマジックテープが外れやすいです。
このマジックテープが、子どもの力で外れない程度の強度であれば言うことなしでした。

f:id:kuya-a:20190927222639j:plain

まとめ

そんなわけで簡単にまとめです。
今回、私が出会った「IFME Light」という子ども向けの靴をレビューしましたが、IFMEに限りません。
子どものファーストシューズは、ぜひ以下のポイントを抑えて選定してみてください。

✔︎ 大人の靴を小さくしただけのような靴は選ばない
✔︎ 子どもの健康を意識して開発された靴を選びましょう!
✔︎ 子どもの健康を最優先、次点で親の履かせ安さ、脱がせやすさも考慮を!