新型コロナウイルス・新型肺炎に対し私たちができること

連日、新型コロナウイルス、新型肺炎が話題に上がり、その動向が注目されてますね。

フィリピンのように、日本も武漢からの渡航者全員強制帰国にしてもらった方が国民としてはとても安心ですね。
とはいえ、国に文句だけ言って自分たちは何もしないのもそれはそれで問題ですので、自分たちでできる対策を考えてみましょう。

注意!!

当記事は、専門機関の情報を元に素人が考えている予防策ですので、あくまでも参考程度にお考えください。
記載の対策によって新型肺炎が発症しないという保証はありません。

 

新型コロナウイルス対策に個人で出来ること

新型コロナウイルスの対策として、個人で出来ることは大きく以下の2点にまとめられると思います。

  • 専門機関の情報に書かれてる対策を個人レベルに落とし込む
  • 空気感染や接触の可能性を減らす

これらについて、それぞれ考えていきましょう。

専門機関の情報からの対策

まず、現状民間まで下りてきているきている情報から、個人でできる対策に落とし込んでみます。

国立感染症研究所では、2021年1月21日時点で「新型コロナウイルス(Novel Coronavirus:nCoV)感染症患者に対する積極的疫学調 査実施要領(暫定版) 」という資料を公開していますね。

専門機関の情報から個人で出来ること

上の資料はあくまでも院内感染対策ですが、ここから個人レベルでできる対策に落とし込んでみましょう。

個人で出来る対策 その1
  • 手袋の着用
  • サージカルマスクの着用
  • 手洗いの徹底
  • 目の保護 (メガネなど)
  • 咳エチケットの徹底

こうして整理してみると、対策としては基本的な飛沫感染・空気感染の対策に近い感じですね。
インフルとかも流行っていますし、新型コロナウイルス以外の対策としても効果的です。

また、日頃から対策している人からは、特段真新しさは無いとツッコミを受けそうです。

専門用語を簡単に調べてみた

サージカルマスク

医療用のマスクです。
一般に薬局で販売されているものもサージカルマスクにあたるみたいです。

医療現場でのサージカルマスクはBFE、PFEといった性能の指標が基準を満たしている必要があります。

なお、サージカルマスクは、マスクを装着したヒトから排出される微生物を含む粒子が大気中に拡がるのを防ぐことが目的です。

マスクを装着したヒトを守る場合は、N95マスクが適切ですね。

咳エチケット

咳エチケットについては、厚生労働省のWebに記載があります。

要は、咳やくしゃみで飛沫感染を防ぐために以下の対策をしましょう、ということです。

咳エチケット

咳やくしゃみをするときの対策

  1. マスクを着用する。
  2. ティッシュ・ハンカチなどで口や鼻を覆う。
  3. 上着の内側や袖(そで)で覆う。

 

空気感染や接触の可能性を減らす

他に、個人で出来る対策として何か考えられるものはあるでしょうか?

私の家では、根本的に空気感染や接触を減らすための対策をとっています。

個人で出来る対策 その2
  • 人混み・人の多い屋内を避ける
  • 部屋はこまめに空気の入れ替えを

 

人混み・人の多い屋内を避ける

人混みや密閉された空間だと空気感染のリスクが高まるから、極力避けるようにしています。

とは言っても、買い物とか通勤とかはどうしようもないという声もあるでしょう。
実際に、私が実践している対策をまとめてみます。

買い物はどうする?

買い物は春節前に買いだめしました。
また、追加で不足するものが出てきたら、通販やネットスーパーを活用することにしています。

通勤はどうする?

通勤は、自家用車を利用しています。
公共交通機関を利用するように言われている社内規定には違反しますが、社内規定と自分の健康のどちらを取るかと言われると自分の健康ですね。

車を持っていない方、電車通勤の方はどうしようもないかもしれませんので、そこはすみません。
そういう場合は以下の空気感染対策を講じましょう。

  • 手袋の着用
  • サージカルマスクの着用
  • 手洗いの徹底
  • 目の保護 (メガネなど)
  • 咳エチケットの徹底

部屋はこまめに空気の入れ替えを

次は部屋の空気の入れ替えです。
特に外から帰ってきた時は、ウイルスが家の中に蔓延しないように空気の入れ替えをしておいた方が良いでしょう。

部屋の中も新鮮な空気を保っておきたいものです。

まとめ

そういうわけで、新型コロナウイルス対策として、専門機関の情報や、根本的に空気感染のリスクを減らすよう、個人で出来ることをまとめてきました。

個人で出来る対策 まとめ
  • 手袋の着用
  • サージカルマスクの着用
  • 手洗いの徹底
  • 目の保護 (メガネなど)
  • 咳エチケットの徹底
  • 人混み・人の多い屋内を避ける
  • 部屋はこまめに空気の入れ替えを

その他、効果的な方法もあるかとは思いますので、そういった情報があれば教えていただけると嬉しいです。
個人レベルでも、少しでも感染のリスクを減らし、新型コロナウイルスの拡散を防いでいきましょう!

参考サイト

 

スポンサーリンク

気に入ったらフォローしてください

おすすめの記事