くやラボ

30代鹿児島在住の一児の父が贈る、日々気になったこと、興味のあることを呟くブログです。

頭痛に悩む時、原因がわからないときは脳神経外科へ!

f:id:kuya-a:20191122180907p:plain

頭痛に悩まされているあなた、脳神経外科をぜひ受診してみてください。
頭痛の原因も診断でき、その対策も打てます。
私も頭痛に悩まされ、実際に脳神経外科を受診してきたので、体験談として記事化してみます。

受診の背景

ここ数日の間に、2、3回頭痛がありました。
このままでは、職場復帰してからも仕事に支障が出ると考え、思い切って受診しました。

なぜ脳神経外科?

私は、父をくも膜下出血で亡くしております。
血縁の私も何らかのリスクはあるだろうと考え、念の為脳神経外科を受診しました。

脳神経外科の受診

看護師さんへ症状の報告

最初は問診ですね。
私の症状は主に以下2点。

  • Day1: 頭痛で気分が悪く、光を見るのも嫌だった。
    かかっていた歯医者さんから処方された痛み止めで凌いでいた。
  • Day2:昼寝からの起床直後、頭痛で気分が悪くなった。
  • いずれも、後頭部と目の上が痛んでいた。

血圧確認

まあ確認されますよね。
129/70で正常範囲内でした。
昨年の定期検診では135/92で血圧高めでしたが、多少は改善したようです。

MRIに入ってみた

医師の先生との問診の結果、MRIで検査することとなりました。
血縁に脳の病気にかかった人がいたことで、MRIで検査した方が良いとの判断でした。

人生初のMRI

そんなわけで人生初のMRIを経験しました。 MRIに入る際は、以下のようなものを身につけていたら外す必要があります。
スムーズに検査を進めるためにも、あらかじめ出来るだけ外してから医療機関に来た方が良さそうです。

  • 腕時計
  • ピアス
  • 指輪
  • ネックレス
  • その他金属製品

検査中は、唾を飲み込んだり、顔を動かすことができなかったので、なかなかの苦行でした。
いろんな音(工事中のような音)が聞こえましたが、これはまあ苦ではなかったです。
検査時間は、時間を計ってませんでしたが、30分くらいかかったかなあ、という感覚です。

診断結果

脳は異常なしでした。 原因は以下2点

  • 偏頭痛
  • 肩こり

偏頭痛は今後頭痛薬で対応しようかと思っています。
肩こりは、毎朝ラジオ体操で少しずつ解消していこうと行動に移しています。

まとめ

頭痛により、自身の脳が心配で脳神経外科を受診しましたが、幸い何事もなく無事で安心しました。
頭痛の原因も明確になったので、対応策も打つことができるようになりました。
頭痛で悩んでいる方、躊躇せずに一度脳神経外科を受診して、検査を受けてみてください。
ぜひオススメです!